MX仕様

MX期型、後期型経緯

☆1976年11月 アサヒペンタックスMXを発売



MX仕様
名称 アサヒペンタックス MX
発売年月 1976年11月
型式 TTL 露出計内蔵式 35mm一眼レフカメラ
シャッター 横走りゴム引き布幕シャッター 1〜1/1000秒、B, X=1/60秒
シンクロ FP、X ターミナル(JIS B型)、ホットシュー
ファインダー 銀コートペンタプリズム式ファインダー (像倍率 0.97倍@50mm 視野率 95%、フォーカシングスクリーン交換可)
フォーカシングスクリーン マイクロプリズム式
ミラー スイングバック式クイックリターンミラー(ミラーアップ機構付き)
露出表示 3色 LED 表示による適正露出会わせ式 (シャッタースピード、5段階 LED 露出表示、絞り表示窓)
ミラー クイックリターンミラー
露出計 TL 中央重点全面測光
受光素子 GPD (ガリウム砒素リンフォトダイオード)測光範囲: EV1〜19 (F1.4レンズ付 ASA/ISO 100)
感度設定 ASA25〜ASA1600
巻き上げ 巻上げ角 162度, 予備角 20度, 分割巻上げ可
フィルムカウンター 自動復元順算式
使用電池 3V(LR44 または SR44)×2
サイズ/重量 W135.5×H82.5×D49.5mm / 495g
前期型・後期型の主な違い
上部カバー 商標刻印有無
裏蓋 メモホルダーの形状と刻印
下カバー ワインダーキャップ
裏蓋 メモホルダーの形状と刻印

故障事例 

修理依頼前にご確認ください。

メーカーの部品供給は終了していますので不具合部品によっては修理できない場合があります。

分解後追加部品が必要な場合、再見積りすることがあります。

複数の不具合があったら別途お見積りすることがあります。



不具合内容 MX前期型 MX後期型 概算料金
(税別)
シャッターが切れない 修理可能 修理可能 \13,000〜
巻上げ不良 修理可能 修理可能 \13,000〜
巻上げレバー予備角収納不良 修理不可(露出計スイッチがホールドしない以外使用可能) 修理不可(露出計スイッチがホールドしない以外使用可能)  
ファインダー内シャッター表示動かず 修理可能 修理可能 \9,000〜
露出表示不良 修理可能 修理可能 \9,000〜
フィルムコマ間隔不良 修理可能 修理可能 \13,000〜
写真に光が入る 修理可能 修理可能 \9,000〜
オーバーホール 修理可能 修理可能 前期型:\18,000〜
後期型:\18,000〜